写真で収めた沖縄の海をご紹介!

share -

65view

はいさい!!

 

今回は沖縄の海をご紹介です♪

ですが、「沖縄と言ったら海!!」と言っても過言ではないほどなので、

すでに沖縄の海を熟知している方も多くいらっしゃると思います。

なので、今回は僕が写真に収めた沖縄の海をご紹介していきたいと思います。

 

それでは、早速ご紹介していきます!!!

 


 

瀬長西ビーチ(瀬長島)

 

那覇空港から車で約15分の位置にある瀬長島。そんな瀬長島にある『瀬長西ビーチ』。

瀬長島 ウミカジテラス

瀬長島 ウミカジテラス

マンゴハウス小禄バイパス店からも車で約5分の位置あり、天気が良い日にはよく店舗を抜け出して撮影に出かけたりすることもあります、、(笑)

瀬長島 瀬長西ビーチ

 


 

バンタカフェ(星野リゾート)

 

那覇空港から車で約70分。沖縄県中部の読谷村にあるリゾートホテル『星のや沖縄』。その敷地内にある『星野リゾート バンタカフェ』。

バンタカフェ

読谷村の美しい海、珊瑚礁の自然の絶景を目の前にオリジナルドリンクやジェラート、ポークたまごおにぎりなどの軽食などがある、沖縄を感じ、非日常を味わえるカフェです。

バンタカフェ

西海岸に面しているので綺麗な夕日を望むこともできます。

営業終了の時間も決まっておらず、日の入り後1時間で終了となっています。

僕は海風が気持ちよすぎて昼過ぎから日没までいました、、(笑)

バンタカフェ

 


 

青の洞窟(真栄田岬)

 

沖縄県の中部に位置する恩納村。その恩納村にある真栄田岬にあるのが沖縄の観光スポットとして有名な『青の洞窟』です。

青の洞窟

僕が以前、青の洞窟でダイビングを体験させて頂いたときの写真です!!

泳いでるときは、本当に日々の疲れであったりを全て忘れて、心からリフレッシュできました。

青の洞窟

沖縄にお越しいただく観光客はもちろん、地元の方にもまだ経験したことがない人はぜひ体験して欲しいです。本当に最高です。

 


 

21世紀の森ビーチ

 

那覇空港から車で約80分(沖縄自動車道経由)、沖縄県北部の名護市にある21世紀の森公園。そこにあるのが『21世紀の森ビーチ』です。

名護市民の憩いのビーチとも言われており、ビーチ沿いでよくウォーキングをしている方も見かけます。

21世紀の森ビーチ

普段の夏だと海水浴を楽しんでいる方も多くいますが、僕は夕方頃にドライブがてら立ち寄って、海に沈んでいく夕日をのんびり見ていることが多いです。

21世紀の森ビーチ

 


 

エメラルドビーチ

 

那覇空港から車で約2時間(沖縄自動車道経由)、沖縄でもNo.1の観光地と言っても過言ではない『沖縄美ら海水族館』。そこから徒歩で行けるところにあるのが『エメラルドビーチ』です。

沖縄美ら海水族館

ビーチ正面には伊江島タッチューがどーーーーっんと見え、そこに沈んでいく夕日を眺めるのもオススメです♪

エメラルドビーチ

 


 

川平湾(石垣島)

 

この風景の写真、見たことある方も多いのではないでしょうか!!

石垣島 川平湾

石垣島にあり、日本百景にも選ばている、川平湾(かびらわん)です。

川平湾は潮の流れが強く、遊泳は禁止となっていますが、グラスボートで海の世界を体験することが可能ですよ。

石垣島 川平湾

近くには売店などもあり、石垣島へ行く機会があれば絶対に立ち寄って頂きたい場所です!!

 


 

渡嘉敷島

 

最後にご紹介するのは、僕の生まれ育った渡嘉敷島です。

渡嘉敷島には『渡嘉志久(とかしく)ビーチ』と『阿波連(あはれん)ビーチ』があります。

渡嘉志久ビーチ

【渡嘉志久ビーチ】

阿波連ビーチ

【阿波連ビーチ】

渡嘉敷島は国立公園にもしてされており、特に“ケラマブルー”とも呼ばれる海は世界屈指の透明度を誇っており、

泳いでいると、沖縄の色鮮やかな珊瑚や熱帯魚はもちろん、運が良ければウミガメに出会うこともできますよ!

阿波連ビーチ

僕は生まれたときから、渡嘉敷の海と育ってきましたが、

何度見ても、感動します。

渡嘉志久ビーチ

 


 

今回は以上です!!

 

現在は、沖縄県はコロナ禍の中、遊泳や離島に行くことすら難しいですが、終息した際にはぜひ参考にして頂きたいです。

 

他にも沖縄にはオススメできるビーチが数多くあり、今回だけでは紹介しきれないほどあります!!

次からも海に遊びに行くときには、多くの写真を撮り、皆様に紹介していきたいと思います。

 

それでは、カミサトからでした!!

 

 

キーワードで記事を検索