オリジナルのアロハシャツ(かりゆしウェア)を作ってくれるんでしょう?

share -

106view

MANGO HOUSE(以下、マンゴハウス) よぎぃ です。

4月後半に入りましたが、仕事着の新調でご来店いただくお客様も多いです♪

人´Д`*)ありがとうございます!

 

お問い合わせも増えていて気になったのが…

「オリジナルで、アロハシャツ(かりゆしウェア)を作りたいのですが…」

 

えっ∑(*゚д゚*)

なぜか沖縄県内外で増えてます。

これについて今回は弁明させていただきます!

 

マンゴハウスは基本、受注生産をお受けいたしかねます。

「オリジナルで20着ほどで検討してます。」と、クラスTシャツ感覚で言われます。

生地・デザイン・スタイルなどを拘ると、それはオーダーメイド、仕立てではないでしょうか?

 

マンゴハウスでシャツを作ることは少なくとも、柄屋・生地屋・染色屋・縫製屋が必要です。

※以下の画像はイメージです(*゚∀゚*)

 

柄屋(テキスタイルデザイナー)

テキスタイルデザイナー

 

生地屋

沖縄アロハシャツ 生地 かりゆしウェア

 

染色屋

沖縄アロハシャツ 染色屋 かりゆしウェア

 

縫製屋

沖縄アロハシャツ 縫製 かりゆしウェア

 

辿っていくと多くの人が携わり、注文数関係なく手間がかかることです。

ですがこの手間をご了承いただけても、お受けいたしかねます。

 

それはマンゴハウスが、直接販売のみの専門店だからです。

沖縄県内の観光地(那覇市国際通り・リゾート地の恩納村)をベースに店舗を構え、デザイン企画から販売までを自社で行っています。

いわゆるBtoC(Business to Consumer)です。

 

観光地にある専門店なので、常に新鮮で豊富な品揃えでなければいけません。

沖縄アロハシャツ 専門店 かりゆしウェア

 

マンゴハウスは”デザイナーが販売する・販売スタッフがデザイナー”であり、店頭での会話から次の商品作りの”気づき”を得ることを大切にしています。

絵を描くだけのデザイナーではなく、「誰に何を」をモットーにしております。

沖縄アロハシャツ デザイナー育成 かりゆしウェア"

 

自分たちで商品を作るためには、お客様の声を聞かなければいけません。

お客様の声を聞くためには、商品をディスプレイしなければいけません。

商品をディスプレイするためには、商品を作らなければいけません。

 

このサイクルこそが、マンゴハウス・ブランドの基礎なのです。

基礎を壊してはマンゴハウスが成り立たないので、受注生産をお断りせざるを得ません。

 

でも…

たま~に企業様からユニフォームのご依頼をいただきます。

その場合は、既存の商品で対応させていただきます。

なお刺繍に関しては外注になりますので、納期をいただくか、ご自身でお探しになり段取りをしてくださいませ。

 

簡単な在庫確認は出来ますので、小禄店までご連絡を♪

  営業時間 10:00~19:00

    電話 098-858-0598

   メール info@mangohouse.jp

 

 

MANGOHOUSE よぎぃ マンゴハウス

≪ドゥーチュイ ムニィー(独り言)≫

デザインは無料(タダ)ではなく、価値があるものです。

自己満足ではなく、いらっしゃったお客様と共に作っていると言っても良いのかも☆

 

デザイナー一覧

https://www.mangohouse.jp/fs/mangohouse/c/concept#designers

 

 

MANGO HOUSE ? マンゴハウスとは?

沖縄を感じるアロハシャツのために、

   とことんデザインにこだわる専門店

 

ブランド・コンセプトに”アロハシャツ”と書いてますが、オシャレ好きなら誰もが知っているワードで、商品イメージを伝えるには適切な言葉だからです。

 

アロハシャツ、かりゆしウェア、リゾートウェア、ビジネスウェアなどそれらの定義付けは、実際にマンゴハウスと出逢った方々それぞれが決めていただければ良いと思います。

キーワードで記事を検索