MANGO HOUSE マンゴハウスウェディングライヴカメラ店舗案内サイトマップ

なぜ日本人は、アロハシャツが似合わないと思うのか? Feb 27, 2017   609 views

こんにちは、マンゴハウス Yoggy(よぎぃ)です。
今日の沖縄県那覇市は、久々に良い天気です。
このまま、春突入になれば良いのですが、そうはいかないようです。
マンゴハウスのアロハシャツ(かりゆしウェア)は、寒くても差し色として着こなせますよ~♪。

ではでは本題なのですが、ブログタイトルにも書きましたが、
『なぜ日本人は、アロハシャツが似合わないと思うのか?』です。
まず最初にアロハシャツの定義ですが、ざっくり言うと『派手な柄で、ゆったりとした開襟シャツ』らしいです。
起源は、ハワイに移住した日本人が、古い着物をシャツへ再加工されたことらしいです。

一方かりゆしウェアは、沖縄をモチーフにデザインされた、沖縄県産のシャツです。
まぁ~このような情報は、ネットに沢山ありますので一度、目を通していただければ幸いでございます。

話を戻しまして、私がマンゴハウスへ入社して2年目の夏なんですが、アロハシャツ好きなお客様が来店されました。
テキスタイルデザインがオリジナル(マンゴハウスは販売スタッフが企画してます♪)なこと、縫製でデザインの”合わせ”がキレイなことを褒めていただきました。

マンゴハウスは縫製が凄い

購入後、ちょっとアロハシャツについて雑談しました。
雑談と言うか、私個人的に”アロハシャツ”を身近に見たことなかったので、インタビューみたいな感じでした。
そこで「なぜ日本人は、アロハシャツが似合わないと思うのか?」って話になったのです。
そのお客様の考えは、

サイズが日本人規格ではないから、着せられている感が、そう思わせるのではないか?
サイズが合ったとしても、独特の派手なシャツが顔を緊張させ、そんな自身を見ることでも、そう思わせるのではないか?

ってことでした。
「アロハシャツは派手ってことを受け入れれば、あとはサイズだけ!」って、まとめたい私がいますが、派手ではなく遊びゴコロとかって言葉を使います。

私から見てマンゴハウスの商品は、ALOHA(アロハ)のスピリットを沖縄モチーフで起こしたシャツだと思います。
もちろん日本人のサイズ規格で、Made in Japan・Made in Okinawaの 沖縄県産アロハシャツ(かりゆしウェア)です。
アロハシャツと言われても、かりゆしウェアと言われても、どちらでも良いです。
お客様がマンゴハウスを着ることでHappy(ハッピー)になれば、それで良いのですから…♪

“独特の派手なシャツを着ることに緊張”するのなら、笑いながら試着していただいても結構ですよ!

さぁ、笑いましょう♪
メンズアロハシャツ メンズアロハシャツ着こなし
笑いましょう♪
親子アロハシャツ キッズアロハシャツ
 
  • ジュリー?
  • 笑えるか!?

 

テーマ

関連記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930